Telle mère, tel fils




タイトルはフランスの諺「Tel père, tel fils=この父親にしてこの息子あり」を文字って「この母親にしてこの息子あり」にしてみたものです。

というのも昨日の夕食、冷奴を出したのですよ。

冷奴・・・!?と思われちゃうかもしれませんが、最近私も外で仕事ををしてるのでね・・・
しかもこの日は息子(5)のお稽古事もあったので超大忙し(大袈裟)

なので昨日の残り物に一品プラスで冷奴となったのです。
夫には敬遠されましたが、私は冷奴でもご飯1杯食べれます。
冷えた豆腐とごはんを同時に口に含むとごはんの甘みが感じられて超美味ですよね。




・・・と家に帰って速攻ご飯の準備にせかせかと動いていたら




息子「・・・」




めちゃめちゃ集中して静かに皿をいじっている・・・




息子「できたー!」




・・・!?




それがこちらです。

キャラ冷奴!!!!!


どうやらサラダの方からきゅうりとハムを取ってきて黙々と作っていたようなのです。
かわいいやつめ♡!





きっと母(わたくしめ)のこういうのを見てるからでしょうね~

我ながらよくできてるなと再自画自賛。





そんな息子氏、はじめての習い事はdanse classiqueことクラシックバレエです。
男の子だけど、私もやってたからいいかなと。

習い始めて2か月くらい。
最初は「野生の男子」だったのが昨日見てみたら「幼稚園での彼」くらいに成長してました。

5番ポジションからのお辞儀、やろうと頑張っている姿がかわいすぎて悶絶です。

正直、習わせるかどうか迷っていたんですよ。
男の子だし、人の話聞かずにとにかく自由にふるまう子ですから・・・

それがある日、YouTubeのヤマカイTV(さん)「バレエあるある:幼稚園児は第2の保育園」みたいにやってた動画があったので勇気をもらって習わせてみることにしました。



今は楽しんで行ってるみたいだし(←かわいい女の子たちばかりで)習わせて良かったなと思っています。

母は頑張って働かねば!
・・・いや、それなりに楽しい範囲で無理しません。




そんな母、10月から倉敷の某教育施設でフランス語レッスン(初心者~初級)を始めます。
岡山県でフランス語を習ってみようかなという素敵な方はご連絡くださいませ。
隔週土曜日16時~17時、レッスン1回につき1650円です。
※教室にて少人数制で行うレッスンとなります




ではではBonne journée à vous !


おすすめ

コメントする